2020.6.27 16:19

ドラフト候補の151キロ右腕の明石商・中森、初練習試合は3回2失点 「今は進学とプロは半々」

ドラフト候補の151キロ右腕の明石商・中森、初練習試合は3回2失点 「今は進学とプロは半々」

 今秋のドラフト上位候補で明石商(兵庫)の151キロ右腕・中森俊介投手(3年)が27日、須磨翔風との練習試合に3番手で登板。阪神、広島、ヤクルトのスカウトが見守る中、今年初の対外試合は3回6安打2失点、2奪三振で「今は焦りしかない」と反省ばかりだった。

 昨年の春夏甲子園で連続4強に導いた剛腕は、この日最速147キロ。投げ始めとしては数字は出たが、最初のストレート中心から変化球に切り替えた。「下半身の力を上半身に伝えられなかった。空振りも少なかったし…」。この自己分析に狭間善徳監督は「上でやりたいならストレート一本で行かないと、と言いました。あいつは不器用だが、できるようになったら体に染み込むから」とハッパをかけた。

 視察した阪神・熊野スカウトは「指のかかりはまだまだだが、大したもの。肩、肘を休めていたので不安なく投げられている。上位候補ですよ」と高評価は変わらない。しかし、中森は「進学とプロは半々ぐらい。プロの気持ちは強いが、きょうも打たれましたし」と慎重だ。高校生のプロ志望届提出者を対象に8月末から合同練習会開催が決まった。その参加を含めて「夏の大会が終わって監督と相談して決めたい」。県の独自大会、甲子園交流試合後まで態度保留を口にした。

 

 ◆高校野球練習試合(27日、明石商グラウンド)

須磨翔風

000000002=2

42010002X=9

明石商

(須)山口、槙野、久保-服田

(明)西村、久保、中森-名村、西田

 中森 俊介(なかもり・しゅんすけ) 2002(平成14)年5月29日生まれ、18歳。兵庫県丹波篠山市出身。小3から多紀野球少年団で野球を始め、篠山東中では軟式野球部から三田ボーイズへ。高1春からベンチ入り。同秋から「1」。182センチ、86キロ。右投げ左打ち。