2020.6.26 05:00

史上初の高校生救済トライアウト プロ志望届提出者が対象…8、9月に東西各1カ所で

史上初の高校生救済トライアウト プロ志望届提出者が対象…8、9月に東西各1カ所で

 日本学生野球協会は25日、理事会を開き、日本高野連と日本野球機構(NPB)がプロ志望の高校生対象の「合同練習会」を8、9月に開催することを承認した。プロのスカウトが一斉に視察できる初の試み。新型コロナウイルスの影響による春の選抜大会、夏の全国高校選手権大会中止など試合機会に恵まれなかった高校生に対する救済措置として、異例のアピールの場が設けられる。

 10月26日のドラフト会議へ、高校3年生に貴重な“ステージ”が用意される。日本学生野球協会が理事会で「合同練習会」を開催することなどを承認した。

 「今年の高校3年生は公式戦がほとんどなく、各都道府県高野連の独自大会も無観客試合が多い。プロのスカウトが見る機会が少なく、3年生の平等性を限りなく担保しようということになった」。日本学生野球協会の内藤常務理事が、今年限りの特例での措置を説明した。

 NPBと日本高野連の主催で実施され、会場は両者協議の上でNPB側が手配する。フリー打撃、紅白戦など開催の形式も話し合われる。日程は8月29、30日と9月5、6日の2度。東西各1カ所で開催の見込みで、希望者が多い場合は9月12、13日にも実施する。

 通常プロ志望届の受け付け開始は夏の甲子園大会終了後となるが、今年は8月1日(秋季リーグ戦が予定される大学生は9月1日~)に前倒しされ、10月12日までとなることも決まった。「合同練習会」は8月21日までに提出した高校生の参加希望者が対象。昨年志望届を提出した高校生は139人だった。

 10月26日のドラフト会議に向けて、プロ側にとっては高校生の力量を測る貴重なトライアウトの場となる。米大リーグでは、夏休みにチーム主導で有望な高校生を集めてサマーリーグを実施しているが、この「ショーケース」とも呼ばれる機会がプロアマの交流に制限があった日本で実現するのは、まさに“歴史的な一歩”。断絶から団結、さらに統一へ。日本球界に新たな道が開ける。

日本ハム・栗山監督「高野連や大学野球連盟の皆さんと相談しながら、一人一人の子供たちを生かせる形をみんなで話し合いをしてやっていくのは素晴らしい」

合同練習会開催について日本高野連・八田英二会長「今年の特別な措置。特にプロを目指している高校3年生の、アピールの場をつくってあげようということ」

オリックス・福良GM「都道府県の独自大会も期間が重なってくるから。3年生にとっても良かったのではないか。全球団が来るでしょうね」 

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「(視察が)解禁になってから、平日も各所を回っているが、代替大会の日程次第で試合を見られないこともある。本当にありがたい場になる」