2020.6.18 11:00(2/2ページ)

【池田純 S-Businessの法則】無観客の先へ 平常時と緊急時の「デュアルスタンダード」を作っておくべきだ

【池田純 S-Businessの法則】

無観客の先へ 平常時と緊急時の「デュアルスタンダード」を作っておくべきだ

特集:
池田純 S-Businessの法則
池田純氏

池田純氏【拡大】

 私も今回、収入減を強いられていますが、スポーツビジネスの世界の顔と別に、他の実業を含めた会社経営者の顔を持つことが“保険”になっています。オーナーに就いたBリーグ・埼玉も同じ。選手とグッズのデザイナーや営業マンとしても契約し、収入減に対応できる形を作りました。

 突然のコロナ禍。対応する生き方を用意していなかったのは仕方ないこと。ただ、第2波が来たときに同じミスを繰り返すのは愚かです。

 誰も無観客なんてやりたくない。それなら無観客の先にとっとと進み、平常時と緊急時の「デュアルスタンダード」を確立すればいい。それがスポーツだけでなく、日本の社会全体に求められているのです。

池田 純(いけだ・じゅん)

 1976(昭和51)年1月23日生まれ、44歳。横浜市出身。早大卒業後、住友商事、博報堂を経てディー・エヌ・エーに執行役員として参画。2011年12月にプロ野球DeNAの初代球団社長に。16年10月の退任後はスポーツ庁参与などを歴任。現職はさいたまスポーツコミッション会長、Bリーグ埼玉オーナー、ノジマ社外取締役など。