2020.6.10 22:32

健大高崎・戸丸主将「チームで戦う」と決意

健大高崎・戸丸主将「チームで戦う」と決意

甲子園の交流試合開催の知らせに握手して喜ぶ健大高崎の青柳監督(左)と戸丸主将=高崎市中大類町(撮影・椎名高志)

甲子園の交流試合開催の知らせに握手して喜ぶ健大高崎の青柳監督(左)と戸丸主将=高崎市中大類町(撮影・椎名高志)【拡大】

 日本高野連は10日、ウェブ会議による理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた32校を、8月に兵庫県西宮市の甲子園球場に招待し、各校が1試合ずつ行うと発表した。「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」とし、日本高野連が主催する。

 高崎健康福祉大高崎の戸丸主将は「目の前が晴れたような気持ち。プライドを持って試合に挑む」と意気込んだ。練習時間は限られているが、「個々はレベルアップしている。今後は全体練習を大事にチームで戦う」と決意を述べた。

 青柳監督は「選手が甲子園の土を踏めることになりうれしい。これまでよく頑張ってきた。試合は3年生で臨みたい」と安堵した様子で話した。