2020.6.10 22:02

磐城、選手に喜びの笑顔 岩間主将「感謝の気持ち忘れず、やるからには全力で」

磐城、選手に喜びの笑顔 岩間主将「感謝の気持ち忘れず、やるからには全力で」

甲子園球場での交流試合開催が決まり笑顔を見せる磐城の選手たち=福島県いわき市

甲子園球場での交流試合開催が決まり笑顔を見せる磐城の選手たち=福島県いわき市【拡大】

 日本高野連は10日、ウェブ会議による理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた32校を、8月に兵庫県西宮市の甲子園球場に招待し、各校が1試合ずつ行うと発表した。「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」とし、日本高野連が主催する。

 21世紀枠で46年ぶりに春の選抜大会に出場予定だった磐城は、全体練習前に渡辺監督が選手らに「甲子園で試合ができるぞ。最高だな」と伝え、選手に喜びの笑顔が広がった。

 練習前にグラウンドで輪になった選手らに、岩間主将が「悔しい、悲しい思いがいっぱいあった。感謝の気持ちを忘れずに、やるからには全力で勝ちにいき、やりきったと思えるよう頑張ろう」と呼び掛けた。