2020.6.10 19:55

大阪桐蔭・西谷監督「まさか」明徳義塾・馬淵監督「一度はあきらめた」

大阪桐蔭・西谷監督「まさか」明徳義塾・馬淵監督「一度はあきらめた」

大阪桐蔭・西谷浩一監督

大阪桐蔭・西谷浩一監督【拡大】

 名将たちも喜んだ。甲子園でも交流試合開催の知らせを受けた大阪桐蔭・西谷監督は10日、電話取材に応じ「まさか甲子園でやらせてもらえるなんて考えてもみなかった。選手たちもびっくりするのでは。感謝の気持ちしかないが、ただ試合をするだけでは意味がない。3年生にとっても、下級生にとっても、野球部にとっても成長の場になる大事な時間。しっかり準備していきたい」と話した。

 明徳義塾・馬淵監督は「一度はあきらめた甲子園。言葉ではうまく言えないが、本当にうれしい。見ていただいたみなさんに希望を与えるようなゲームをしたい。普段通り一生懸命やることがみなさんに感動や希望を与えることになる。だから、うちは最後まで普段通りにやります」と意気込んだ。

  • 明徳義塾高・馬淵史郎監督