2020.6.10 16:00

急転、夏の選抜開催 日本高野連が2020年甲子園高校野球交流試合決定

急転、夏の選抜開催 日本高野連が2020年甲子園高校野球交流試合決定

甲子園球場

甲子園球場【拡大】

 日本高野連(八田英二会長)は10日、ウェブによる理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月に中止となった選抜高校野球の出場32校を、8月に甲子園に招く「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」の開催を決めた。原則無観客で1チーム1試合の計16試合を予定。5月20日に中止が決まった夏の甲子園大会の期間に実施する、“選抜救済策”となる。10日午後6時から会見する。

 大会は日本高野連主催で、夏の選手権大会を主催する朝日新聞社と、春の選抜大会を主催する毎日新聞社が後援。8月10日から12日、15日から17日の6日間(雨天順延、13、14日予備日)で、1日3試合以内とする。出場校が参加しての開会式は行わないが、今後リモート開会式などを検討する。7月18日に主将によるオンライン抽選会を実施。ただし試合日、順番については各校の事情を考慮する。九回で同点の場合は引き分けとする。

 招待校は6月30日までに参加申し込みを行う。招待人数は責任教師、監督、選手20人、記録員1人、ノッカー1人、補助員5人、校長(に準じる)1人の1校計30人以内。選手は通常の18人から2人増。原則無観客で、学校関係者の入場は今後の感染状況の推移を見ながら検討する。交流試合にかかる経費は、日本高野連の積立金を充てる。

 北海道・東北を除く関東以西の出場校は、感染防止のため公共交通機関を使用せず、地元の貸し切りバス1台をチャーターして来場。北海道・東北は大阪まで公共交通機関、来阪後は貸し切りバスで移動する。原則試合当日前後を含む最大2泊3日(各地方連盟契約宿舎、1泊1人1万円支給)。近隣校は日帰りなども検討する。

 選手の健康管理については、交流試合参加後に健康上不適当と認めたときは出場を禁止。該当選手が多くチーム構成できない場合は、試合を停止して相手チームの勝利とする。甲子園球場に救護班を設置するが、コロナ対策は別に定める。実行委員会が運営を行い、来週会議を開く。

 夏の甲子園大会と、その出場校を決める都道府県大会の中止を決めたのは5月20日だった。感染リスク、休校、部活動・対外試合停止など49代表が出そろうのは厳しい状況と総合的に判断しての決断だった。その後、5月25日に全国の緊急事態宣言が解除され、プロ野球が6月19日の公式戦開幕を決めた。新しい日常が求められ、並行して地方連盟が独自大会開催に動いた。そんな状況の中で、当初の甲子園大会期間中の球場使用可能について阪神電鉄側から日本高野連に打診があった。選抜出場校救済などの検討を始め、夏の甲子園大会中止決定から3週間後に、甲子園交流試合の発表となった。

 【招待校】白樺学園、帯広農(以上北海道)、鶴岡東(山形)、仙台育英(宮城)、磐城(福島)、桐生第一、健大高崎(以上群馬)、花咲徳栄(埼玉)、山梨学院(山梨)、国士舘(東京)、東海大相模(神奈川)、星稜、日本航空石川(以上石川)、加藤学園(静岡)、中京大中京(愛知)、県岐阜商(岐阜)、智弁学園、天理(以上奈良)、智弁和歌山(和歌山)、大阪桐蔭、履正社(以上大阪)、明石商(兵庫)、倉敷商(岡山)、鳥取城北(鳥取)、広島新庄(広島)、平田(島根)、尽誠学園(香川)、明徳義塾(高知)、創成館(長崎)、明豊、大分商(以上大分)、鹿児島城西(鹿児島)