2020.6.8 22:19

ドラフト会議、10月26日に前倒し

ドラフト会議、10月26日に前倒し

特集:
2020新人情報
オンラインで記者会見するNPBの井原敦事務局長

オンラインで記者会見するNPBの井原敦事務局長【拡大】

 日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が8日、オンライン形式で開かれ、ドラフト会議の日程を当初の11月5日から10月26日に変更した。アマ側も同意している。

 開幕が大幅に遅れ、11月上旬も公式戦が行われている可能性が高いためで、NPBの井原敦事務局長は「11月はNPB側の日程が続いている。現時点では試合がない月曜日になった」と語った。

 新型コロナウイルスの感染防止に対応して出場選手登録数の拡大などを協議している特別ルールの名称は「感染拡大防止2020」(通称「特例2020」)に決まった。ルールの詳細は、10日に予定されている日本プロ野球選手会との事務折衝で協議される。

 また、シーズン後のコミッショナー表彰の一つである「スピードアップ賞」は今年度も実施が決定。ただし、対象投手の規定は試合数削減を受けて変更になる。NPBの審判員が講師を務めるアンパイアスクールは、今年度の中止が決まった。

  • 昨年のドラフト会議会場全景=2019年10月17日、港区のグランドプリンスホテル新高輪