2020.6.5 12:10

2軍練習試合で緊急降板の阪神・藤浪に「右胸の軽度の筋挫傷」と診断 

2軍練習試合で緊急降板の阪神・藤浪に「右胸の軽度の筋挫傷」と診断 

特集:
藤浪晋太郎
阪神・藤浪

阪神・藤浪【拡大】

 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が5日、鳴尾浜での練習後に取材に応じ、前日4日に兵庫県内の病院で受診し、右胸の軽度の筋挫傷と診断されたことを明かした。

 「軽度の筋挫傷なので、大したことはないですし、時間もかからないと思う。早く実戦で投げられるようにしっかり練習、ケアをしていきたい」

 5月28日の甲子園での集合練習に遅刻し、矢野監督と話し合った上で無期限の2軍調整が決定。3日のソフトバンクとの練習試合(鳴尾浜)に中継ぎ登板したが、八回に右胸の張りを訴え、緊急降板していた。前日4日には鳴尾浜での練習に参加し、壁当てやポール間走などで調整。同日に病院へ行き、診断を受けた。

 この日、鳴尾浜でランニングなどで体を動かした藤浪は「頑張るしかない。けがをしてしまったので、実戦になかなか出れないけど、早く実戦で結果を出して、野球で頑張ってアピールするしかない。普段の練習からしっかりやって、いいプレーができるように」と気合を入れた。