2020.6.3 05:00

頭部死球受け…ソフトバンク・松田宣、途中交代

頭部死球受け…ソフトバンク・松田宣、途中交代

8回、危険球を受けたソフトバンク・松田宣=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)

8回、危険球を受けたソフトバンク・松田宣=京セラドーム大阪(撮影・岡田茂)【拡大】

 (練習試合、オリックス1-2ソフトバンク、2日、京セラ)ソフトバンク・松田宣が頭部死球を受け、途中交代した。八回、オリックスの5番手・鈴木の高めに浮いた144キロのボールがヘルメットを直撃。鈴木は危険球による退場処分となった。

 立ち上がった後に代走を送られた松田宣は、病院に行かずホテルへ。工藤監督は「脳振とうの検査を(球場で)やった。今、全然症状は出ていないということだった。もう一度帰ってから(検査を)やると聞いています」と説明した。