2020.5.26 14:58

ロッテ・佐々木朗希、160キロを2度マーク!プロ初のシート打撃登板

ロッテ・佐々木朗希、160キロを2度マーク!プロ初のシート打撃登板

シート打撃初登板で160キロを計測したロッテ・佐々木朗希

シート打撃初登板で160キロを計測したロッテ・佐々木朗希【拡大】

 ロッテのドラフト1位右腕・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=が26日、ZOZOマリンスタジアムでシート打撃にプロ入り後初登板。160キロを2度マークした。

 佐々木は菅野に対し、1球目はストレートで156キロのボール、2球目はストレートで157キロのボール、3球目は156キロをファール、4球目は157キロの球を右中間席に運ばれた。

 続く打者は藤岡。佐々木自身の5球目となるストレートは160キロを計測。6球目は143キロのフォーク、7球目は150キロのストレートで空振り三振を奪った。

 続いて福田光に対し、自身8球目は146キロのフォークで空振り、9球目は142キロのフォークでファール、10球目はストレートが159キロをマークしてのボール、11球目のストレートは155キロを出し、連続で空振り三振を奪った。

 登板後、オンライン取材に応じた佐々木は「自分の思うような球を投げられた。変化球の精度もあがった」と充実の表情。今月30、31日に予定される紅白戦で待望の実戦デビューを果たす予定。