2020.5.24 12:00

【スワローズフィルム(54)】4年目右腕・星知弥、悔しさ糧に先発ローテ食い込む!

【スワローズフィルム(54)】

4年目右腕・星知弥、悔しさ糧に先発ローテ食い込む!

特集:
スワローズフィルム

 全国のヤクルトファンに笑顔を-。ヤクルトの選手の表情や、必死に汗を流す姿をお届けする企画「スワローズフィルム」の第54回は、星知弥投手(26)です。昨季は、下半身のコンディション不良などもあって10試合の登板で1勝3敗、防御率8・53と悔しさが残りました。明大時代のチームメートで同学年のライバル、中日・柳投手は昨季11勝を挙げただけに星投手も負けてはいられません。4年目の今季は先発ローテーションに食い込むべく、必死にアピールします!


沖縄・浦添キャンプでキャッチボールをする星投手。フォームを確認しながら一球一球丁寧に投げていました(撮影・長尾みなみ)


沖縄・浦添キャンプでブルペン投球をする星投手。後方の高津監督も鋭い目線で見守ります(撮影・長尾みなみ)


今季のチーム初実戦となった、2月12日の韓国サムスン戦(浦添)に先発した星投手。“開幕投手”を務め2回2失点でしたが、力強い球を投げていました(撮影・長尾みなみ)


沖縄・浦添キャンプのウオーミングアップ中に球を握る星投手。試行錯誤をしながら、レベルアップを図ります(撮影・長尾みなみ)


沖縄・浦添キャンプでフリー打撃に登板した星投手。後輩投手も増えてきていますが、負けじとアピールを続けます(撮影・長尾みなみ)


3月6日の春季教育リーグ、楽天戦(戸田)に先発した星投手。2018年に結婚した愛妻の支えも受け、先発ローテーション入りを目指します(撮影・加藤圭祐)


同じく3月6日の春季教育リーグ、楽天戦(戸田)に先発した星投手。昨季の悔しさを糧に、今季は巻き返しを図ります(撮影・加藤圭祐)