2020.5.23 16:00

阪神・西勇「初日にしてはうまくいけた」 活動再開後初の集合練習

阪神・西勇「初日にしてはうまくいけた」 活動再開後初の集合練習

 阪神・西勇輝投手(29)が23日、甲子園での「集合練習」に参加。練習後にオンライン会見に応じ、チームの活動再開後初めての、全員そろっての練習に声を弾ませた。

 「すごくよかった。久しぶりに全員に会えた。自粛期間と違って、いい緊張感もあったし、コミュニケーションもたくさん取れて、サインプレーもあった中で、初日にしてはうまくいけたんじゃないかと思う」

 4月15日のチームの活動再開後は午前、午後、投手、野手に分かれて自主練習を行ってきた。5月19日には午前に投手、午後に野手が体を動かす「分離練習」を開始。この日、初めてチーム全員がそろう「集合練習」が行われた。

 西勇はキャッチボールや投内連携、ポール間走などで汗を流した。プロ野球は最短で6月19日開幕を目指しており、開幕投手を任されている右腕は「久しぶりに(開幕への)第一歩を踏み出せたという感じはあった。けがにつながらないように気を張って、開幕に向けて順調に進められればいいかなと思う」と、力を込めた。