2020.5.23 05:00

【虎のソナタ】サンスポに、外にお宝あり!?読者プレのくじ当たるか、8枠が当たるか…

【虎のソナタ】

サンスポに、外にお宝あり!?読者プレのくじ当たるか、8枠が当たるか…

特集:
虎のソナタ

 あす24日はGIオークス、来週は日本ダービー。そして4週間後はプロ野球開幕。その前に、今週末はサンスポを読んで1000万円ゲット!!(の、チャンスです)

 「今回も予想と一緒に楽しんでください」

 中央競馬当番デスクの周伝進之亮です。週末のレース面おなじみの読者プレゼント。今週はドリームジャンボ・ミニ(1等1000万円)の連番10枚を抽選で土・日計20人の読者にお届けします(詳細20面)。その後、「調教ハンター」天童なこさんがオークスで本命に推す〔3〕枠(5)番ホウオウピースフルの原稿を見せてもらって、うなずいていたら…。

 「夢を追うなら、ワシの予想でしょう」

 当たればデカい穴予想の「悪馬クン」上辻圭が割り込んできました。聞けば、先週のGIヴィクトリアマイルで本命にしていたセラピアが当日に出走取り消し。「走っていたらアーモンドアイといい勝負をしていた。当たっていた(はずの)予想が今週こそ当たる」と、変な理屈でやたらと強気なのです。

 「本命は〔8〕枠(17)番マルターズディオサ。GI(昨年12月の阪神JF)2着で、GII(チューリップ賞)を勝った馬を、外枠が不利と思ってみんな軽視し過ぎ。ルメールが騎乗する大外の〔8〕枠(18)番サンクテュエールでさえ人気を落としている。〔8〕枠にお宝が埋まってまっせ」

 穴予想では悪馬クンの大先輩、佐藤将美も〔8〕枠狙い。〔8〕枠(16)番ウインマリリンが本命です。

 「それぞれ実績があるし、外枠という理由で人気を落とすなら、たしかに狙い目ですね」

 周伝までそんなことを。よし、だったら(17)と(16)は外して、(18)サンクテュエールから買おう。

 夜になって、運動部がドタバタし始めました。日本野球機構とサッカーJリーグが合同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の会合で、感染症専門家チームが「感染拡大の防止と社会経済活動の維持の両立に向けて、試合開催は大きな前進になる」と提言。その後、12球団代表者会議で、公式戦開催への“ロードマップ”が話し合われました。

 「ここまでは“形にならない忙しい一日”でした。ここからです」

 トラ番サブキャップ安藤理が、12球団代表者会議後に行われた斉藤惇コミッショナーのオンライン会見と、谷本修阪神球団本部長の取材をはしごして奮闘。ビヤ樽編集委員三木建次と若手の菊地峻太朗も、他の原稿を仕上げて安藤を手伝いました。ビヤ樽や安藤には、会議前の“形にならない忙しい”時間の中で、球界関係者から電話などでいろんな声が聞こえてきています。

 「一回の遠征で2カード以上消化するように日程を組み直すらしい。巨人がマツダで広島戦をやったらその帰りに甲子園で阪神戦とか」。ビヤ樽が1カードだけの遠征はなくなると言えば、安藤は「パ・リーグは球団が全国に分散しているので、同じ相手と6連戦という日程も検討しているという噂も」。

 セ・リーグが、クライマックスシリーズ(CS)を開催しない方向で最終調整に入ったことも取材で判明しました。

 「今年はしょうがない。タイトルが参考記録扱いになったら気の毒や。終盤に若手を試したり、戦力外を見極めることもしなきゃいかん。記録のためにも選手のためにも、CSより公式戦を増やすべきやと思う」

 ビヤ樽も神妙な反応でした。例年と違う形で、プロ野球が、感染拡大防止と経済活動維持の両立に向けて動き出します。