2020.5.22 22:01

梨田昌孝氏「よく生還できた」コロナ感染で「15キロやせた」

梨田昌孝氏「よく生還できた」コロナ感染で「15キロやせた」

梨田昌孝氏

梨田昌孝氏【拡大】

 新型コロナウイルス感染から回復し、20日に大阪府内の病院を退院した元プロ野球楽天監督の梨田昌孝氏(66)が、NHK「ニュースウオッチ9」(月~金曜後9・0)の電話インタビューに応じ、当時の状況を語った。

 「味覚も嗅覚も食欲もない。ちょっと記憶もあまりないような状態になってしまった。よく生還できた」

 近鉄、日本ハムでも指揮を執り、野球評論家を務める梨田氏は3月25日に倦怠感を訴え、28日に発熱。30日に呼吸困難の症状が出た。一時は集中治療室(ICU)に入って人工呼吸器を装着するなど予断を許さない状況だったが、4月17日に一般病棟に移るまでに回復していた。

 梨田氏は「あとで肺の画像を見せてもらったけど、もう3分の2は真っ白でちょっとひどい状態だった。医療従事者の方にお礼を言いたい。激励していただいたのはすごくありがたい」と感謝。「15キロやせたから、ペラペラになってしまったが、これをちょっと復活させて、いい笑顔で元気な姿を見せたい」と前向きだった。