2020.5.22 05:00

プロ野球6月19日に開幕 22日発表も

プロ野球6月19日に開幕 22日発表も

 新型コロナウイルスの感染拡大で公式戦開幕が大幅に延期になっているプロ野球はきょう22日、オンライン形式でJリーグと連携する第8回連絡会議と12球団代表者会議を開く。前回11日の代表者会議では、6月中旬から下旬の開幕を目指すことで一致し、早ければ22日に6月19日の開幕が発表される可能性もある。

 19日開幕の場合は、2-14日に練習試合が行われる見込み。移動による感染リスクを極力減らすため、中日を加えた東の8球団(巨人、ヤクルト、DeNA、中日、西武、ロッテ、楽天、日本ハム)と西の4球団(阪神、広島、オリックス、ソフトバンク)に分け、首都圏を中心に東日本、近畿圏を中心に西日本での集中開催となり、3連戦で4カード、各球団12試合が検討されている。

 政府はこの日、大阪、京都、兵庫の近畿3府県で緊急事態宣言を解除すると表明したが、埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏4都県と北海道の解除は見送られた。開幕日の設定には連絡会議の専門家チームの見解が大きなウエートを占めており、専門家の判断が注目される。

★無観客の方向で

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は現在作成中の試合開催のガイドラインについて、観客を入れるための指針は含まれていないことを明らかにした。「趣旨は感染拡大の防止。お客さんを入れる判断は、専門家の意見や自治体の理解をいただかないといけない」と説明し、開幕後も地域アドバイザーを含む専門家チームにアドバイスを求める考えを示した。