2020.5.21 05:02

阪神D2・井上「もっと先の目標に向かって進んで」 高校球児にエール

阪神D2・井上「もっと先の目標に向かって進んで」 高校球児にエール

特集:
2020新人情報
藤川球児
阪神・井上

阪神・井上【拡大】

 履正社高の4番として昨夏の甲子園を制した阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18)が20日、鳴尾浜で練習に参加後、球団広報を通じて、高校球児にエールをおくった。

 「野球を嫌いになったり、投げ出したりせず、野球が大好きな球児のみなさんだからこそ、ここで諦めるのではなく、もっと先の目標に向かって突き進んでいってほしい」

 昨夏の決勝では、春に敗れた星稜高のエース・奥川(ヤクルトD1位)からバックスクリーン左へ逆転3ランを放ち、母校を春夏通じて初の甲子園優勝に導いた。

 甲子園でライバルたちとしのぎを削り、成長できた。だからこそ後輩たちへ「かけられる言葉が見つかりません」-。その舞台に立つことも、挑戦することすらできなくなった無念は、痛いほどわかる。

 それでも「この悔しさを持ってる皆さんだからこそ、もっと強く大きな選手になれると思う」と力を込めた。聖地で頂点に立った先輩として、後輩たちの背中を押した。(菊地峻太朗)