2020.5.21 20:24

各地で代替大会開催を協議 夏の甲子園中止を受け

各地で代替大会開催を協議 夏の甲子園中止を受け

 新型コロナウイルスの感染拡大で今夏の全国高校野球選手権大会と出場権を懸けた地方大会の中止が決まったことを受け、各地の高野連は21日、理事会や運営委員会を開き、独自の代替大会の開催について協議した。

 愛媛県高野連は8月に予定していた新人戦を中止し、その期間に代替大会を実施することを検討。松浦彰浩理事長は「3年生のための大会として考えている。選手たちはみんな試合をしたがっていると思う」と述べた。

 岡山県高野連では、3年生の集大成の場を目指し、ベンチ入り人数に制限をかけないことなどが意見として挙がった。多田一也会長は「周りのご理解も得ながら、感染リスクを抑えてやりたい」と話した。