2020.5.21 05:03(1/2ページ)

球児の夏残った!甲子園と地方大会中止決定も…高野連、独自大会開催「自主性に任せる」

球児の夏残った!甲子園と地方大会中止決定も…高野連、独自大会開催「自主性に任せる」

昨夏の大阪大会の開会式に臨む履正社ナイン。夏の甲子園連覇がかかっていた

昨夏の大阪大会の開会式に臨む履正社ナイン。夏の甲子園連覇がかかっていた【拡大】

 球児の夏が残った! 日本高野連と朝日新聞社は20日、第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕予定)のWEB運営委員会を開き、中止を決定した。新型コロナウイルス感染は減少傾向にあるが、安全確保が難しいと判断し、49地方大会も中止とした。地方大会に代わる都道府県の独自大会開催は地方の自主性に任せる方針。今春の選抜大会に続く全国大会の中止となった。

 夏の甲子園大会と地方大会が戦後初の中止。午後6時からのWEB会見で日本高野連の八田英二会長は「球児に中止を伝えるのは断腸の思い。暗くなるまで練習に励んだ3年生は集大成の場がなくなり、心折れる思いだと思う」と苦渋の決断を吐露した。

 中止に至った最大の理由は地方大会の問題だ。全国約3800校参加で6月下旬から8月初めに約250球場で開催予定だったが、感染リスクをなくせない。長期間の休校や部活動停止で、練習が十分でない選手のけがの心配も。授業時間確保のための支障にもなりかねない。医療スタッフに球場常駐を頼める状況ではない。公的球場の使用制限の可能性もある。

 全国からチームが移動、宿泊する甲子園大会のリスクもあった。しかし「全国大会はできるかもしれないが、全部の地方を安全にはできない」(渡辺雅隆朝日新聞社社長)と、その前提となる代表を決める地方大会開催に踏み切れなかった。

 大会中止を決めた主催者。その一方で都道府県高野連が独自大会を検討している点について「地方それぞれどのような判断をするか、自主性に任せようというのが基本姿勢」と八田会長。甲子園が中止になったことで8月にかかる期間まで視野に、大会を原則無観客で目指すことを承認した。

 感染状況、授業の問題、参加校は地方によって異なる。すべてが通常の日程、試合数は無理でも、1試合でもプレーする場が可能かなど模索している。

 「コロナの感染拡大のそれぞれの情勢判断でやっていただく。こうしてほしい、したくないというつもりはない。相談があればアドバイス等させていただく」

 八田会長が言うように日本高野連では状況によって3段階程度の感染対策マニュアルを用意。無観客開催で、財政面の問題を不安視する地方もあるが「もし支援できるなら限界はあるが、承認したい」と約束した。

 戦後初の夏の甲子園中止、史上初の春夏甲子園中止…春季大会、練習試合もほぼ未消化で練習すら満足にできていない選手たち。特に3年生たちに最後の舞台を用意するために…。約1カ月の準備期間で、未曽有の厄難から、一歩踏み出せるのか。地方が急ピッチで動く。(宮本圭一郎)

【続きを読む】

  • WEB会議で中止の理由を説明する日本高野連・八田会長(代表撮影)
  • 明徳義塾・馬淵監督(左端)がナインに夏の甲子園大会の中止を伝える(代表撮影)