2020.5.21 05:02

明徳義塾・馬淵監督、自暴自棄ダメ「目標失ってふにゃふにゃの人間になったらあかん」

明徳義塾・馬淵監督、自暴自棄ダメ「目標失ってふにゃふにゃの人間になったらあかん」

明徳義塾・馬淵監督(左端)がナインに夏の甲子園大会の中止を伝える(代表撮影)

明徳義塾・馬淵監督(左端)がナインに夏の甲子園大会の中止を伝える(代表撮影)【拡大】

 日本高野連と朝日新聞社は20日、第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕予定)のWEB運営委員会を開き、中止を決定した。新型コロナウイルス感染は減少傾向にあるが、安全確保が難しいと判断し、49地方大会も中止とした。地方大会に代わる都道府県の独自大会開催は地方の自主性に任せる方針。今春の選抜大会に続く全国大会の中止となった。

 明徳義塾(高知)の馬淵監督は甲子園中止の発表を受け、ミーティングで「自暴自棄になったり、目標を失ってふにゃふにゃの人間になったりしたらあかん。将来、つながるんやから」とナインを励ました。甲子園通算51勝の名将は今年9月に開催予定の「第13回U18アジア野球選手権」で監督を務める。メンバー選考の参考となる大会がなくなったことについては「どのように選考するかも私が決めるのではない。全く白紙状態」と話した。