2020.5.20 16:49

コロナ感染の梨田昌孝氏が退院「命を大事に役割を果たしてまいります」

コロナ感染の梨田昌孝氏が退院「命を大事に役割を果たしてまいります」

梨田昌孝氏

梨田昌孝氏【拡大】

 新型コロナウイルス感染から回復した元プロ野球楽天監督の梨田昌孝さん(66)が20日、大阪府内の病院を退院した。マネジメント会社が発表した。3月31日に重度の肺炎と診断されて入院。4月1日に陽性が判明していた。

 近鉄、日本ハムでも指揮を執り、野球評論家を務める梨田さんは3月25日に倦怠感を訴え、28日に発熱。30日に呼吸困難の症状が出た。一時は集中治療室(ICU)に入って人工呼吸器を装着するなど予断を許さない状況だったが、4月17日に一般病棟に移るまでに回復していた。

 梨田さんは同社を通じ「何よりもまず、私の命を救ってくださいました医療従事者の方々には深く御礼を申し上げます。皆さまのおかげで一命を取り留めることができました。この命を大事に役割を果たしてまいります」とコメント。「今後は自宅にて静養を続け、プロ野球が開幕しスタジアムに歓声が戻ることを心待ちにしながら、現場での仕事復帰を目指す予定です」などとした。