2020.5.20 21:31

龍谷大平安・原田監督、選手に寄り添う「常にアプローチしながら次の目標に」

龍谷大平安・原田監督、選手に寄り添う「常にアプローチしながら次の目標に」

第102回全国高校野球選手権大会の中止について、インターネットを通じて記者会見する日本高野連・八田英二会長=20日午後、大阪市西区(代表撮影)

第102回全国高校野球選手権大会の中止について、インターネットを通じて記者会見する日本高野連・八田英二会長=20日午後、大阪市西区(代表撮影)【拡大】

 日本高野連は20日、新型コロナウイルスの影響が各地に広がる中、オンラインで第102回全国高校野球選手権大会の運営委員会と理事会を開き、兵庫県西宮市の甲子園球場で8月10日から予定していた夏の甲子園大会と出場権を懸けた地方大会の中止を決め、発表した。夏の大会の中止は3度目で戦後初、選抜大会と春夏連続での中止は戦争での中断を除き史上初めて。

 京都・龍谷大平安で春10度、夏は8度の甲子園大会出場経験を持つ原田監督は「残念だけど、社会情勢を考えればみんな苦しんでいる。新型コロナは、それだけ重く受け止めないといけないこと」と話した。

 最後の舞台がなくなった3年生に対しては「納得させた上で、諦めさせることも必要。そうしないと次に進めない」と言う。その上で「時間もかかるが、常にアプローチしながら次の目標に進ませたい」と、選手に寄り添う姿勢を示した。