2020.5.14 12:00

【スワローズフィルム(44)】D4位・大西広樹、期待の右腕は開幕1軍入りへアピール続ける

【スワローズフィルム(44)】

D4位・大西広樹、期待の右腕は開幕1軍入りへアピール続ける

特集:
スワローズフィルム
2020新人情報

 全国のヤクルトファンに笑顔を-。ヤクルトの選手の表情や、必死に汗を流す姿をお届けする企画「スワローズフィルム」の第44回は、ドラフト4位・大西広樹投手(22)=大商大=です。4年秋の関西六大学リーグでは9試合で3勝0敗、防御率0・24の好成績で最優秀選手賞、最優秀投手賞に輝いた最速148キロ右腕。微妙にスライドする直球が武器で、今春の沖縄・浦添キャンプから結果を残してきました。即戦力として期待されるだけに、開幕1軍入りへアピールを続けます!


沖縄・浦添キャンプでファンにサインを書く大西投手。練習の合間を縫って、一人一人丁寧に対応していました(撮影・長尾みなみ)


沖縄・浦添キャンプで笑顔を見せる大西投手(右)。同期で同学年の吉田喜投手(左)らと切磋琢磨(せっさたくま)して、チームの勝利に貢献します(撮影・長尾みなみ)


沖縄・浦添キャンプ最初の休養日に、新人観光で訪れた革製品専門店「Leather Base」で革製品を作った際の一枚。大西投手(右)は自信作ができたのか、納得した表情を浮かべています。中央は吉田喜投手、左は杉山投手(撮影・長尾みなみ)


沖縄・浦添キャンプで開かれた野球教室で、子供たちに指導をする大西投手。子供たちに憧れられるような存在になるべく、己を磨きます(撮影・長尾みなみ)


3月11日の阪神戦(神宮)で2回1安打無失点と結果を残した大西投手(左)は新助っ人のエスコバー選手とグータッチ。開幕1軍入りへ、アピールを続ける毎日です(撮影・長尾みなみ)


1月の新人合同自主トレーニング中に、土手の坂道をダッシュする大西投手(右)。杉山投手(左)ら同学年の存在を刺激に汗を流します(撮影・長尾みなみ)