2020.5.2 05:03

夏の高校野球、沖縄大会延期へ 北海道は日程の再調整困難

夏の高校野球、沖縄大会延期へ 北海道は日程の再調整困難

 沖縄県高野連の中村健理事長は1日、全国に先駆けて6月20日開幕が予定されている夏の県大会について、「変更を考えている」と延期を検討していることを明らかにした。沖縄県教委は県立校の休校期間を5月6日から2週間程度の延長を決めている。

 「この休校がいつまでかによるが、早ければ6月末。夏の甲子園大会(8月10日開幕予定)に間に合う日程で行う」と中村理事長は説明した。

 沖縄は春季大会を全国で唯一、無観客で開催。準決勝以降は打ち切りとなった。今後は12日に会議を開き、開幕日について協議する方針となっている。

 また、北海道では各地区の支部大会が6月27日から開幕予定だが、関係者によると、政府による緊急事態宣言が延長された場合の日程調整が厳しい状況となっている。支部大会終了後の7月16日に南北海道、同19日に北北海道大会が開幕予定だが、球場確保などの問題もあり、1週間程度の延期も簡単にはできない状況という。

 日本高野連は夏の甲子園大会の開催可否を、20日の運営委員会で協議するが、無観客を視野に入れている地方大会も含めて、実施は不透明な状況となっている。