2020.4.7 09:54

動画見直し有効活用…楽天・太田光が今を語る

動画見直し有効活用…楽天・太田光が今を語る

楽天・太田(写真提供・楽天野球団)

楽天・太田(写真提供・楽天野球団)【拡大】

 楽天の2年目、太田光捕手(23)が、球団広報を通じて報道陣の質問に応じた。コメント全文は以下の通り。

 --故・野村克也氏の著書を読んでいると話していた

 「野村克也さんの著書`を高校生の時に読んで参考にしていました。打者のタイプをAからD型まで分類することを学び、対戦する打者がどのタイプで、カウントや状況によって、どのように変化していくかなどを観察するようになりました。これはプロ野球選手になった今でも続けています」

 --多くの投手とバッテリーを組む。改めて動画を見直している?

 「このような状況だからこそ時間を有効活用して、今年から新しく加入された投手の皆さんが、前のチームでどんなスタイルで投げていたのかをもう一度見直しています。昨年バッテリーを組んだ投手の皆さんに関しても、嶋さんがリードしている時の映像を見て、その投手の活かし方の中で自分とは違う部分を学べるようにしています」

 --外出が厳しい状況での気分転換

 「寮(仙台市内の泉犬鷲寮)の近くでランニングをしています。プロに入ってから外をランニングすることがなかなか無かったので、いつもとは違う雰囲気を味わえますし、新鮮で気分転換になります」