2020.4.4 08:00(1/2ページ)

【コロナ打ち破れ!各界から猛虎にエール】矢野虎ちばりよ~!宜野座村長・當眞氏「村をあげて応援」

【コロナ打ち破れ!各界から猛虎にエール】

矢野虎ちばりよ~!宜野座村長・當眞氏「村をあげて応援」

特集:
各界から猛虎にエール
今春キャンプで當眞村長(左)は矢野監督(右)を歓迎する。宜野座はいつも虎の味方です

今春キャンプで當眞村長(左)は矢野監督(右)を歓迎する。宜野座はいつも虎の味方です【拡大】

 新型コロナウイルス感染者が出た阪神へ、各界からエールを届ける「コロナ打ち破れ!」。第4回は、チームが2003年から1軍春季キャンプを行っている沖縄・宜野座村の當眞淳(とうま・あつし)村長(48)が登場。視察した春季キャンプで戦力の充実を確信し、1985年以来の日本一に向けて、村をあげて応援していくことを誓った。(随時掲載)

 まずは藤浪選手をはじめ、プロ野球界から新型コロナウイルスの感染者が出たということで、すごくショックを受けているところです。

 わが村でもそうなのですが、やはりスポーツの持つ影響力はすごい。特に宜野座村は野球が盛んなので、野球で地域の活性化や人材育成、子どもたちの夢や目標づくりにも大きく貢献してくれています。そういう意味では今回のコロナウイルスの問題で競技がなかなか開催できないというのは、もどかしさを感じているところです。

 早く終息して、選手の皆さんが、甲子園ではつらつとしたプレー、プロの醍醐味(だいごみ)をぜひ見せていただきたいと願っております。

 まだ先は見えない状況ですが、開幕が決定すれば、われわれも村をあげて全力で応援していこうと考えております。プロ野球が無事に開幕を迎えること、そして、感染した選手のみなさんが一日も早く回復することを祈っています。

 今年も宜野座村での春季キャンプを拝見させていただきました。今年はチームが全体的に盛り上がり、より一層、選手が生き生きしていると感じました。お互いに競い合う姿も、よく見られました。シーズンが始まれば、きっといい成績を残せるだろうと期待していたところです。このブランクでどうなるか心配ですが、選手のみなさんはしっかりと頑張ってくれている。今年は優勝してくれると信じております。

【続きを読む】

  • 野球教室で子供たちから質問を受ける糸原健斗、近本光司、北條史也=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(2020年2月2日撮影)(撮影・松永渉平)
  • 野球教室で子供とふれあう阪神・藤川球児=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(2020年2月2日撮影)(撮影・水島啓輔)
  • 野球教室で捕手のスローイングを指導する原口文仁=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(2020年2月2日撮影)(撮影・松永渉平)
  • 野球教室で子どもたちとグータッチする阪神・ジャスティン・ボーア=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(2020年2月2日撮影)(撮影・山田喜貴)
  • 練習に臨む阪神ナイン=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(2020年2月1日撮影)(撮影・山田喜貴)
  • 一斉に素振りをする阪神ナイン=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(2020年2月20日撮影)(撮影・宮沢宗士郎)
  • 日曜日とあって、多くのファンが球場を訪れた=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(2020年2月2日撮影)(撮影・山田喜貴)