2020.4.2 14:39

北別府氏、梨田氏感染にショック「あんなに穏やかな方が…」

北別府氏、梨田氏感染にショック「あんなに穏やかな方が…」

北別府学氏

北別府学氏【拡大】

 プロ野球楽天などで監督を務めた、野球評論家の梨田昌孝氏(66)が新型コロナウイルスに感染したと1日、マネジメント会社が発表した。感染経路は不明という。

 1月に「成人T細胞白血病」であることを公表した元広島投手の北別府学氏(62)は2日、自身のブログで「梨田さんがコロナウィルス感染で集中治療室に入られたとのニュース ショックでたまりません」と心境をつづり、「日本シリーズで対戦して梨田さんにはよく打たれました! あんなに穏やかな方がバッターボックスに入ると鬼になる 本当に嫌なバッターでした! どうか、症状が良くなり指導者として解説者として現場復帰して下さい」と回復を願った。

 梨田氏は1972年に島根・浜田高からドラフト2位で近鉄入りし、強肩捕手として活躍した。2000年に近鉄の監督に就任し、翌年にリーグ優勝。04年にオリックスとの合併で球団が消滅し、近鉄最後の監督となった。08~11年は日本ハムで指揮を執り、09年にリーグ制覇。16年から18年途中まで楽天を率いた。