2020.4.2 05:04(1/3ページ)

元日本ハム監督・梨田氏がコロナ感染…重度の肺炎で集中治療室に

元日本ハム監督・梨田氏がコロナ感染…重度の肺炎で集中治療室に

今年2月12日にヤクルトのキャンプ地、沖縄・浦添を訪れた梨田氏。評論家として精力的に活動していた

今年2月12日にヤクルトのキャンプ地、沖縄・浦添を訪れた梨田氏。評論家として精力的に活動していた【拡大】

 プロ野球の近鉄、日本ハム、楽天で監督を務めた梨田昌孝氏(66)=野球評論家=が新型コロナウイルスに感染したと1日、マネジメント会社が発表した。3月31日に重度の肺炎と診断されて入院。この日に陽性が判明し、集中治療室(ICU)に入っているという。新型コロナウイルスによる肺炎でタレント、志村けんさんが70歳で死去したばかり。高齢者は重症化するリスクが高いとされるだけに、名将の容体が心配される。

 新型コロナウイルスの猛威が、球界の名将にも及んでしまった。近鉄、日本ハム、楽天の3球団で監督を歴任した梨田氏が、新型コロナウイルスに感染したことをマネジメント会社が発表。大阪府内の病院でPCR検査を受け、陽性反応が出た。

 「1週間前に電話で話したときは、いつもと変わらず元気でした。2日前の朝も話したのですが…。今は見守っているところです」。マネジメント会社の関係者が現状を説明した。

 梨田氏は3月25日に倦怠(けんたい)感を訴え、自宅で静養を続けていた。同28日に発熱、同30日に呼吸困難の症状が出たため病院を受診し、同31日には重度の肺炎と診断された。そのまま別の病院に搬送されて入院。検査を受けてこの日、感染が判明した。現在は集中治療室(ICU)に入っており、人工呼吸器をつけているとの話もある。

【続きを読む】

  • 日本ハム監督時代の梨田氏(左)。2008年3月20日のロッテとの開幕戦で完封勝利を挙げたダルビッシュを笑顔でねぎらった
  • 梨田昌孝の年度別打撃成績
  • 梨田昌孝の年度別監督成績
  • 日本スポーツ界の主な新型コロナウイルス感染者