2020.4.1 05:01

ヤクルトD1・奥川、実戦デビュー5月上旬に延期…当初4月中旬も

ヤクルトD1・奥川、実戦デビュー5月上旬に延期…当初4月中旬も

特集:
2020新人情報
キャッチボールを行った奥川=戸田球場

キャッチボールを行った奥川=戸田球場【拡大】

 ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=星稜高=の実戦デビューが5月上旬にずれ込む見通しであることが31日、分かった。当初は4月中旬を見込んでいたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月28-30日の全体練習が中止となり、ドラ1右腕の育成プランも遅れていた。

 この日の最速154キロ右腕は、午前9時20分頃に埼玉・戸田球場に姿を見せてキャッチボールなどで調整。球団関係者は「自主練習期間もブルペンに入る予定」としており、2日に約50球を投げる見込みだ。

 コロナ禍で計画通りに練習が進まないが、3月27日には「仕方ないです。辛抱、我慢ですね」と口にしていた。非常事態が続くが、状態を見ながら慎重に調整を進める。