2020.3.31 10:00(1/2ページ)

【梅ちゃん先生】今は、個人の都合や私利私欲を主張している場合ではない

【梅ちゃん先生】

今は、個人の都合や私利私欲を主張している場合ではない

無観客で行われた8日の阪神-巨人戦(甲子園)。球音は響くが、やはり寂しい

無観客で行われた8日の阪神-巨人戦(甲子園)。球音は響くが、やはり寂しい【拡大】

 サンスポの直撃インタビュアーとしてもおなじみで、追手門学院大学客員教授のフリーアナウンサー、梅田淳氏(59)のコラム「梅ちゃん先生」(月1回予定)。今回は世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスについて。「今は個人の都合や私利私欲を主張している場合ではない」と強く話した。

 見えざる敵との戦い! 苦渋の決断!

 突然だが、私は戦争体験世代ではない。だから当時の厳しい状況は分からない。しかし今日本が置かれている状況は、戦時下に於いて国が発動した1938年の「国家総動員法」の様な措置が必要で、その数年後、11歳の少女が唱えた「ほしがりません勝つまでは」の精神を求められてるのではないのか? とすら感じている。戦争を引き合いにする事は極端かもしれないが、そんな戦いが今日本に求められている。しかも相手は「見えざる敵」であり、既に地球的な規模で拡大しつつある!

 だから今は、個人の都合や私利私欲を主張している場合ではないと思う。私自身も2月から3月にかけてのイベントはいくつも中止になった。高校野球の選抜大会が中止になり、プロ野球の無観客試合で改めて感じるリアルな音の世界に少なからず違和感を抱きながら待つ開幕日…やむを得まい。

【続きを読む】