2020.3.30 08:47

ナゴヤ球場で消毒作業 清掃員が防護服着用、今後も継続して実施

ナゴヤ球場で消毒作業 清掃員が防護服着用、今後も継続して実施

1塁側ベンチを消毒する作業員=愛知県名古屋市中川区・ナゴヤ球場(撮影・安部光翁)

1塁側ベンチを消毒する作業員=愛知県名古屋市中川区・ナゴヤ球場(撮影・安部光翁)【拡大】

 中日の練習施設・ナゴヤ球場で30日、消毒作業が行われた。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために、以前から予定されていた定期清掃と同時に組み込まれ、防護服を着用した3人の清掃員が紙に消毒液を吹きかけて、球場正面の玄関や入口、一、三塁両側のベンチやロッカールーム、サロンなどの諸室でふき取り作業を行った。

 作業に立ち会ったナゴヤ球場の球場長代理・平田和夫さんは「今後、練習がある日や選手が来る日は毎日、同じようなふき取り消毒をする方向で進めている。私たちができるのは施設をいい環境にすること。準備をしていきたい」と、継続して環境整備に努めていくことを明かした。

 ナゴヤ球場では今月20-22日に阪神との練習試合が行われ、新型コロナウイルスの感染が判明した阪神・伊藤隼太外野手(30)が帯同していた。

  • 手すりを消毒する作業員=愛知県名古屋市中川区・ナゴヤ球場(撮影・安部光翁)
  • ボードを消毒する作業員=愛知県名古屋市中川区・ナゴヤ球場(撮影・安部光翁)