2020.3.29 05:03(1/2ページ)

中日にも激震!コロナ陽性の阪神・伊藤隼と選手ら15人接触していた…感染広がれば“球界パンデミック”も

中日にも激震!コロナ陽性の阪神・伊藤隼と選手ら15人接触していた…感染広がれば“球界パンデミック”も

20日から中日-阪神3連戦が行われたナゴヤ球場。中日にも新型コロナウイルス感染拡大の可能性が出てきた

20日から中日-阪神3連戦が行われたナゴヤ球場。中日にも新型コロナウイルス感染拡大の可能性が出てきた【拡大】

 中日は28日、新型コロナウイルスの感染が確認された阪神・伊藤隼太外野手(30)が20-22日に行われた自軍との2軍練習試合(ナゴヤ球場)に帯同していたことを受け、選手やチーム関係者にヒアリングを実施。この日、加藤宏幸球団代表(61)がナゴヤドームで取材に応じ、15人が同選手と接触していたことを明らかにした。仮に中日にも感染が広がれば、“球界パンデミック”となる可能性がある。

 阪神での新型コロナウイルス感染の余波が竜に広がった。藤浪に続き伊藤隼、長坂の感染判明翌日。中日は伊藤隼が20-22日にナゴヤ球場で行われた練習試合に帯同していたことを受けて、1、2軍の選手やチーム関係者にヒアリングを実施。15人が接触したと報告を受けた加藤球団代表は表情をこわばらせた。

 「普通に考えると(伊藤隼との)最終接触日が22日。そこから(潜伏期間が)2週間となると、来週の日曜日ぐらいまではその範疇(はんちゅう)に入ってくる。そこまでは注意をしないといけない」

 この日午前中に行われたヒアリングでは、伊藤隼との接触の距離や時間などを確認。試合前などに伊藤隼と3日間ともあいさつをしていた人もいた。中には2分ほど話し込んだという回答もあった。また、新型コロナの感染予防のため、身体的接触は握手ではなくグータッチが行われていたという。

【続きを読む】

  • 新型コロナウイルスの陽性反応が出た伊藤隼。中日の選手ら15人との接触が判明した