2020.3.27 05:03(1/2ページ)

阪神・藤浪、コロナ陽性…矢野監督の「祈り」届かず

阪神・藤浪、コロナ陽性…矢野監督の「祈り」届かず

特集:
藤浪晋太郎
矢野監督が藤浪に熱いエールを送ったが…

矢野監督が藤浪に熱いエールを送ったが…【拡大】

 祈りは通じなかった。阪神・矢野燿大監督(51)は26日、藤浪晋太郎投手(25)がPCR検査を受けるという報告を受け、コメントを発表していた。「陰性」を祈ると同時に、活動再開後の調整に最善を尽くすことを約束。心配するファンにも謝罪したが、検査結果は「陽性」だった。

 つかの間の休日になるはずだったチームが突然の非常事態に襲われた。藤浪がPCR検査で、まさかの「陽性」。検査前にコメントを発表していた矢野監督の願いは通じなかった。

 「突然のことなので驚いていますが、いまは陰性の結果を祈るしかないです」

 先発ローテーションを争う右腕を、将も気にかけてきた。5日の大商大戦(鳴尾浜)や18日のオリックス戦(オセアンBS)では、2軍の練習試合にも足を運んで登板を視察。苦心の投球が続く背番号19に「誰でも前進後退はあるけど、下がっていることはない」と見守りながら「もう1ランク、2ランク上を」と奮起を期待していた。

【続きを読む】

  • ソフトバンクとの2軍戦が中止となった鳴尾浜(本社ヘリから)=撮影・安元雄太
  • 阪神・藤浪