2020.3.27 14:15

ロッテ・佐々木朗、打撃投手で最速156キロ スライダーを井口監督絶賛

ロッテ・佐々木朗、打撃投手で最速156キロ スライダーを井口監督絶賛

打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)

打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)【拡大】

 ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)が27日、ZOZOマリンスタジアムで行われた練習で2度目の打撃投手を務め、初めて変化球を交えて40球を投じた。直球は平均球速が150キロを超え、最速は球場表示で156キロをマーク。安打性の当たりは2本にとどめたが「思うように操れない球もあった。いい球を増やせるようにしていきたい」と課題を挙げた。

 序盤はフォークボールの制球が定まらなかったものの、終盤にかけてスライダーを含めて低めに集めた。マウンド上できっちりと修正し「失投が許されない世界だと思うので、そういうことを100パーセントに近い形にできるようにしたい」と旺盛な探究心をのぞかせた。

 スライダーは直球と同じ軌道から打者の手元で曲がり、打者を幻惑。井口監督は「スライダーと分かっていながら、手が出ない時があった」と絶賛した。

 4月3日にシート打撃に登板する予定。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、28日から3日間は1軍の練習がなくなった。注目のルーキーは「気持ちを切らさず、できることをやりたい」と落ち着いた表情で話した。