2020.3.26 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】北條好調「いい競争になってる」

【矢野監督 必死のパッチトーク】

北條好調「いい競争になってる」

 練習試合(DeNA0-0阪神=九回引き分け、25日、横浜)

 --ガンケルは捕手の原口と相性よさそう

 矢野監督「こだわってやったわけではないけど(原口はガンケルの)いいときも知っているし。まだもうちょっと時間があるので、いろんなことを試しながら。横(ベンチ)で見ているリュウ(梅野)とか誠志郎(坂本)も感じることもあるやろうし。キャッチャーが代われば、配球もどうしても変わるんで。ストライクを投げたい投手なんでね。ボール球を使うとか幅広く投げるのは、キャッチャーのリードでも変わる投手かなと思っています」

 --北條が好調

 「いい競争になってるんじゃないか。(木浪と)右左でタイプも違うし、こっちがどうしようかなという感じになっているんで」

 --谷川は無失点が続いているが

 「いいボールは多いし、いいコースに放ってるしね。ただ最後に(八回2死、楠本を)追い込んで、いいボールがボール(球)になって四球。0ー0の試合で、あれ(続く佐野の右越え二塁打)がホームランになっていたら…というのもある。(四球の球を)投げた後に悔しがって。ああいう仕草はしない方がいいんじゃないかな」