2020.3.26 05:00(1/2ページ)

阪神・ガンケル、“突貫工事”成功!3回0封でローテ候補返り咲き

阪神・ガンケル、“突貫工事”成功!3回0封でローテ候補返り咲き

3回無失点と好投したガンケル。本来の投球を取り戻した!(撮影・水島啓輔)

3回無失点と好投したガンケル。本来の投球を取り戻した!(撮影・水島啓輔)【拡大】

 練習試合(DeNA0-0阪神=九回引き分け、25日、横浜)阪神の新外国人、ジョー・ガンケル投手(28)が25日、DeNA戦(横浜)に先発し、3回2安打無失点と好投。2試合連続7失点中で開幕ローテ脱落の危機だったが、見事に“突貫工事”に成功した。

 名誉挽回へ、ガンケルが公式戦と同じ気持ちでマウンドに上がった。3回無失点。持ち味の緩急自在の投球で、9つのアウトのうち6つを、内野ゴロで奪った。

 「きょうは結果を少し気にしていた。いいときの投球をみせることができた。内野ゴロを量産できたからね。(得意の)シンカーも球が動いてくれた」

 一回先頭の梶谷から5者連続で内野ゴロに仕留めると、見せ場は三回。四球と安打で背負った2死一、二塁。大リーグ通算33本塁打のオースティンに対して、高めの釣り球でファウルを打たせ、最後は内角低めの直球で見逃し三振だ。

 「きょうは低めだけでなく高めに投げることも意識したよ。真ん中に投げたら打たれるからね」

 ジョークもさえた。7日の日本ハムとのオープン戦(甲子園)は4回7失点。19日の2軍のオリックスとの練習試合(舞洲)は四回途中7失点。それから「中5日」の突貫工事が始まった。

【続きを読む】

  • 先発の阪神・ジョー・ガンケル=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)