2020.3.26 08:00

【エモやんの舌好調】パーラが機能して厚みを増す巨人打線

【エモやんの舌好調】

パーラが機能して厚みを増す巨人打線

江本孟紀氏

江本孟紀氏【拡大】

 練習試合(中日1-2巨人、25日、ナゴヤD)パーラが上昇機運をつかんで、練習試合を終えた。巨人打線が機能するかどうかのキーマンだけに、心強いね。

 これまでの打球はセンターからレフトと、逆方向が中心だった。この日の1本目はその中前打で、2安打目は、しっかり捉えて右前へ運んだ。甘めのコースとはいえ、真っすぐへの反応が実にいい。

 外国人には珍しく、打撃フォームに無駄な動きがない。構えたバットを上下させるヒッチも、すくい上げるようなスイングも、ない。もちろん、振り回すことも、ない。この真っすぐへの反応を見る限り、安定した打撃が期待できるよ。

 そうなると、坂本勇、丸、岡本、そしてパーラと続く中軸は俄然(がぜん)、厚みを増す。4人とも全くタイプが違う。しかも右、左、右、左。相手にすれば厄介だ。バッテリーはまるまる4人分、神経をすり減らすことになるからね。

 パーラが注意すべき点は、アメリカの球場では考えられないような本塁打が生まれること。そこで勘違いして、ぶりぶり振ったら駄目。それさえ気を付けていれば、打撃はそう崩れないよ。 (サンケイスポーツ専属評論家)