2020.3.25 19:40

DeNA・上茶谷、3回25球で0封 ラミレス監督「今年一番いい」

DeNA・上茶谷、3回25球で0封 ラミレス監督「今年一番いい」

戸柱恭孝(左)とタッチをかわすDeNA・上茶谷大河=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

戸柱恭孝(左)とタッチをかわすDeNA・上茶谷大河=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 DeNA・上茶谷大河投手(23)が25日、阪神との練習試合(横浜)に2番手で登板。3回を25球とテンポのいい投球で、2安打無失点と好投した。

 「ストレートもコーナーに投げ分けられて、ストライク先行で、少ない球数でいけたことがよかった」

 三回からマウンドに上がると、1死から上本に左中間への二塁打、北條に右前打を打たれ一三塁のピンチを招いたが、3番・マルテを低めのカットボールで注文通りの遊ゴロ併殺打に仕留め、無失点で切り抜けた。

 以降は打たせて取る投球で、四回は6球、五回は8球で三者凡退に抑える安定した投球を披露した。

 昨年のドラフト1位右腕について、ラミレス監督は「今年の登板の中で一番よかった。球数も少なく、自信を持って投げられていた。開幕ローテもかなりチャンスがあるのは間違いない」と絶賛した。