2020.3.24 18:28

DeNA・平良、虎を3回4K斬り 3ラン被弾も修正「納得する投球できた」

DeNA・平良、虎を3回4K斬り 3ラン被弾も修正「納得する投球できた」

DeNA先発・平良拳太郎=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

DeNA先発・平良拳太郎=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 DeNA・平良拳太郎(24)が24日、阪神との練習試合(横浜)に先発。一回に3ランを浴びたが、3回4安打4奪三振、3失点と粘った。

 「初回、自分のミスと四球から失点してしまった。スライダーの曲がりが悪く、ストレートも、あまり良くなかったですが、スライダーを修正することを意識してイニング間のキャッチボールを行い、2イニング目以降は納得する投球ができた」

 一回先頭の木浪のボテボテの投ゴロを握り損ね、内野安打で出塁を許すとマルテを歩かせ一、二塁。福留、ボーアの3、4番は打ち取ったが、5番・サンズに外角の速球を左中間へ運ばれた。

 それでも、横手投げからのスライダー、カットボール、シンカーを巧みに操り、二、三回は走者を背負いながらも無失点で切り抜けた。

 開幕ローテ入りが濃厚の右腕は「次回登板までに、特にストレートの強度を上げられるように取り組んでいきたい」と誓った。