2020.3.22 19:48

巨人・メルセデス、3・31阪神戦での1軍復帰を視野

巨人・メルセデス、3・31阪神戦での1軍復帰を視野

巨人・メルセデス

巨人・メルセデス【拡大】

 巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(26)が、早ければ31日の練習試合・阪神戦(東京ドーム)での1軍復帰を視野に入れていることが22日、分かった。24日に2軍のDeNA戦(ジャイアンツ球場)に登板し、状態がよければ1軍に合流する。

 メルセデスは2月の宮崎キャンプ中に左肘痛を訴えて離脱。17日の3軍の日体大戦(ジャイアンツ球場)に先発して実戦復帰し、3回1安打無失点と好投していた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕時期は不透明だが、現段階では開幕ローテーションは開幕投手に指名されている菅野が確定で、サンチェス、戸郷、田口、鍬原が有力。残る1枠を桜井、宮国、今村らと争う構図となっている。

 今季の巨人の支配下選手登録されている外国人はメルセデスを合わせて計6人。投手が先発のサンチェス、救援のビエイラ、守護神候補のデラロサで、野手ではパーラとモタがいる。外国人枠4(投手は最大3)の制限はあるが、昨季8勝のメルセデスの復帰はチームには朗報となる。