2020.3.22 19:28

巨人・原監督、腰の張りで欠場した吉川尚は「悪くなっているわけではない」

巨人・原監督、腰の張りで欠場した吉川尚は「悪くなっているわけではない」

引き揚げる巨人・原監督=東京ドーム(撮影・福島範和)

引き揚げる巨人・原監督=東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 巨人・吉川尚輝内野手(25)が24、25日の名古屋遠征(中日戦、ナゴヤドーム)に参加しないことが22日、決まった。吉川尚はこの日の練習試合・DeNA戦(東京ドーム)を腰の張りで欠場。試合前練習の冒頭には姿を現したが、首脳陣の判断で取りやめていた。

 原辰徳監督(61)は「彼は名古屋には行かない。コンディション的に無理はさせないということ。悪くなっているわけではない」と説明。昨季を腰痛で棒に振っているだけに、今後も状態を見ながら調整を続けていく。

 坂本勇人内野手(31)、丸佳浩外野手(30)、亀井善行外野手(37)も名古屋遠征に参加しないことが決定。遠征期間中は川崎市のジャイアンツ球場で残留練習を行う。