2020.3.22 18:19

DeNA、投壊で巨人に連敗 2試合計24安打16失点もラミレス監督「全く影響ない」

DeNA、投壊で巨人に連敗 2試合計24安打16失点もラミレス監督「全く影響ない」

2回、巨人・岡本に本塁打を打たれ、がっくりのDeNA・ラミレス監督ら=東京ドーム(撮影・中井誠)

2回、巨人・岡本に本塁打を打たれ、がっくりのDeNA・ラミレス監督ら=東京ドーム(撮影・中井誠)【拡大】

 DeNAは22日、巨人との練習試合(東京ドーム)に1-8で敗戦。10安打8失点で敗れた前日に続いて、投手陣が14安打8失点と安定せず、連敗となった。

 開幕ローテ入りを目指す先発・ピープルズが一回を三者凡退に抑えるも、二回に岡本に先制被弾。三回は大城のソロから5連打を浴びるなど一挙4点を失い、予定の3回を7安打5失点。

 開幕ローテ有力の2番手・石田も2イニング目につかまり、予定の2回を5安打3失点で終えた。

 シーズン開幕が延期となり練習試合となった開幕カードだが、昨季のリーグ王者に連敗。それでも、ラミレス監督は「この結果は、全く影響はない。練習試合ですし、公式戦が近づいてきたときとはモチベーションも全然違う。いつも言っているが、野球は流れ。巨人はオープン戦負けが続いていたけど、昨日流れをつかんで、きょうにつながっていたということ」と気にすることはなかった。