2020.3.22 05:03(1/2ページ)

新Gキラーの予感!DeNAドラ2・坂本、3回をわずか1安打斬り

新Gキラーの予感!DeNAドラ2・坂本、3回をわずか1安打斬り

坂本が巨人相手に好投。生きのいい左腕が、またDeNAに加わった(撮影・斎藤浩一)

坂本が巨人相手に好投。生きのいい左腕が、またDeNAに加わった(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 練習試合(巨人8-0DeNA、21日、東京D)DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手(22)=立命大=が21日、巨人との練習試合(東京ドーム)に先発。3回1安打無失点、2奪三振と抜群の投球を披露した。

 「調子自体はいい感覚ではなかったけれど、一球一球全力で投げようと思った。硬いマウンドが好きなので、東京ドームは投げやすかった」

 一回、2番・坂本を外角低めの直球で空振り三振。“坂本対決”を制すと、最速147キロをマークした直球と変化球のコンビネーションを生かし、許した安打は丸の詰まった左前打のみ。二、三回は完全に抑えた。

 “新・巨人キラー”誕生か。立命大の2学年先輩の東は、ルーキーイヤーの2018年に対巨人6戦5勝無敗と圧倒し、“Gキラー”の異名をとった。東は2月に左肘の手術を受け、今季絶望となったが「今年一年おれは駄目だから、お前に託した」と言われた後輩左腕が、巨人戦初登板でその気配を漂わせた。

【続きを読む】

  • 【プロ野球練習試合巨人対DeNA】1回力投するDeNA・坂本裕哉=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 3回、二盗に成功したDeNA・梶谷(撮影・中井誠)