2020.3.21 18:06

慶大・関根が仙台大戦に復帰登板5回1失点「課題は多い」

慶大・関根が仙台大戦に復帰登板5回1失点「課題は多い」

仙台大戦で先発し、5回2安打1失点の慶大・関根智輝投手(撮影・赤堀宏幸)

仙台大戦で先発し、5回2安打1失点の慶大・関根智輝投手(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球の慶大と仙台六大学野球の仙台大が21日、横浜市港北区の慶大グラウンドでオープン戦を行い、慶大が4-1で勝利した。

 慶大は、二回に5番・若林将平外野手(新3年)がドラフト候補の最速152キロ右腕・宇田川優希投手(新4年)から中越えの先制2ランを放ち、八回にも2点を加え、2年夏に右肘を手術し、今春復帰のプロ注目右腕・関根智輝投手(新4年)が先発で5回2安打無四球6三振1失点に抑え、その後を3投手の継投で抑えて勝利した。

 慶大・堀井哲也監督は「長打力に期待して、若林は4番・正木の後にしていて、結果を出してくれている。関根は、試合を作れるのが持ち味」とうなずいた。

 若林は「打ったのは真っすぐ、内角でちょっと中寄りにきたのをうまく打てた。プロから注目される投手だと聞いていて、しっかりスイングできた。米国のオープン戦の2試合目から5番で使っていただいて、ほぼ毎試合(安打を)1本打てている。リーグ戦で来るような投手と対戦できてよかった」と野球部を通じてコメントした。

 国内7球団が視察した中で投げ終えた関根は「細かいコントロールにこだわらず、ゾーンで勝負という感じで投げられた。球速は何キロかわからないけど、打者を詰まらせ、三振がとれたのはよかったけど、課題は多い」と反省のコメントを出した。

  • 仙台大戦で中越え2ランを放った慶大・若林将平外野手(撮影・赤堀宏幸)