2020.3.21 18:40

DeNA・ラミレス監督“坂本シフト”で2打席無安打斬り「シーズンに向けた練習」

DeNA・ラミレス監督“坂本シフト”で2打席無安打斬り「シーズンに向けた練習」

7回 ベンチで厳しい表情のDeNA・ラミレス監督 (撮影・福島範和)

7回 ベンチで厳しい表情のDeNA・ラミレス監督 (撮影・福島範和)【拡大】

 DeNAは21日、巨人との練習試合(東京ドーム)に0-8で敗戦。巨人の2番・坂本に対して、2打席続けて内野が極端に左による“坂本シフト”を敷き、無安打に抑えた。

 一回1死走者なしで迎えた第1打席は、二塁手・柴田が大きく左へ移動し、二、三塁間を3人で守るシフト。先発左腕の坂本は、最後は外角低めの直球で空振り三振に仕留めた。

 同じく左腕・今永に代わった四回先頭の第2打席は同様のシフトを敷き、初球から3球連続カーブ。最後はチェンジアップで右飛に打ち取った。

 本来ならば開幕カードだった昨季のリーグ王者との一戦で、策をとったラミレス監督は「シーズンに向けて、練習しているので」と語り、レギュラーシーズンでもシフトを敷く考えはあるかという問いにも「イエス」とうなずいた。