2020.3.13 17:19

慶大が日体大に大勝、最速150キロの木沢が6回9K

慶大が日体大に大勝、最速150キロの木沢が6回9K

日体大とのオープン戦に先発し6回4安打2失点の慶大・木沢(撮影・赤堀宏幸)

日体大とのオープン戦に先発し6回4安打2失点の慶大・木沢(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球の慶大は13日、横浜市港北区の慶大グラウンドで日体大(首都大学野球)とオープン戦を行い、11-4で大勝した。

 慶大の今秋のドラフト候補右腕・木沢尚文投手(新4年)が先発し、この日最速の150キロの直球を中心に、6回4安打1四球9三振2失点の投球を見せ、視察した国内9球団のスカウトをうならせた。

 慶大では、4番・正木が左中間本塁打、中越え二塁打、右越え二塁打の3打数3安打3打点と、順調に調整が進んでいるところを見せ、チームを17安打の11得点へ牽引(けんいん)した。