2020.3.12 18:35

DeNA・山崎 “康晃ジャンプ”禁止危機に「まじか…」

DeNA・山崎 “康晃ジャンプ”禁止危機に「まじか…」

 DeNAの守護神、山崎康晃投手(27)は12日、都内で行われた第3回新型コロナウイルス対策連絡会議で、感染症の専門家チームから観客が集団で飛び跳ね、立ったり座ったりを繰り返す応援などが高リスクであると提言があったことを報道陣から伝え聞き、ショックを隠せなかった。

 「まじか…。残念ですね」

 登板時にファンが「ヤ・ス・ア・キ」の掛け声に合わせてジャンプする名物応援“康晃ジャンプ”で、マウンドへと送り出される右腕は「僕がパワーをもらっているのも事実ですし、お客さんに楽しんでいただいているのも事実。ただ、このご時世なので危険だといわれたのなら、ルールに従うしかない。それでパワーをもらえないわけではないので、来てくれた人とともに頑張りたい」と理解を示した。

 延期となった開幕も4月10日以降となることも決まり「僕らはやっぱりプロ。いつになってもファンはそのときを楽しみにしてくださっているので、そこに向けて僕らも準備していく。それができる人たちが集まっているわけなので、今こそプロフェッショナルの力を見せたい」と前を向いた。