2020.3.11 19:26

センバツ中止で戸惑いの声 経済損失290億円試算も

センバツ中止で戸惑いの声 経済損失290億円試算も

 第92回選抜高校野球大会が新型コロナウイルスの感染拡大で中止となり、高校野球ファンだけでなく関連業者も肩を落とした。経済損失は約290億円との試算もあり、地元経済界からは「影響は計り知れない」と戸惑いの声が広がった。

 関西大の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)は、過去のデータから観客の総数を約51万4000人と想定して試算をまとめた。選手やマスコミ関係者らの分と合わせ、飲食や宿泊、グッズの売り上げなどで約134億円の消費が直接発生する見込みだったが、大会中止により失われる。さらに原材料を販売する卸業者などの売り上げ増加や、従業員らの消費拡大といった波及効果がなくなることを踏まえると損失は計約290億円に達するとした。

 りそな総合研究所の荒木秀之主席研究員は「相撲などとは違い、屋外で行われる春の選抜大会が中止になったことは象徴的だ。他のスポーツイベントの自粛がさらに広がる可能性がある」と分析した。