2020.3.10 05:05(1/3ページ)

プロ野球、開幕延期でCS中止へ…143試合維持を最優先「4月中目指す」

プロ野球、開幕延期でCS中止へ…143試合維持を最優先「4月中目指す」

12球団代表者会議を終え、会見する斉藤コミッショナー(左)。日程変更を強いられることになった。右は巨人の今村球団社長(撮影・塩浦孝明)

12球団代表者会議を終え、会見する斉藤コミッショナー(左)。日程変更を強いられることになった。右は巨人の今村球団社長(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 プロ野球は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、20日の公式戦開幕を延期することを決めた。Jリーグと連携した新型コロナウイルス対策連絡会議で専門家チームから「延期が望ましい」との見解が出されたことを受け、決定。4月中の開幕を目指す新たな日程について12日に協議するが、レギュラーシーズン全143試合を実施するため、クライマックスシリーズ(CS)を中止する方向で最終調整に入ったことが分かった。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、秋の短期決戦が消滅する。関係者の話を総合すると、20日に予定していた開幕の延期の決定にともない、2004年、パ・リーグのプレーオフ制度導入から始まったCSを初めて中止にする方向で最終調整していることが判明した。

 Jリーグとともに立ち上げた新型コロナウイルス対策連絡会議で専門家から「開幕戦の延期が望ましい」という声が出たことで、日本野球機構(NPB)は緊急の12球団代表者会議を開催。20日の開幕戦の延期を全会一致で決めた。開幕延期は東日本大震災があった11年以来になる。

 NPBの斉藤コミッショナーは開幕の目安について「遅くとも4月中を目指したい」と語り、「143という数字はやりたい」と、レギュラーシーズン143試合制の維持を最優先させる意向を示した。開幕を遅らせた分の試合数を、どこに入れるか。協議した結果、CS中止の方向性が大筋でまとまった。

【続きを読む】

  • 10年、ロッテが3位から下克上突破で日本一
  • プロ野球12球団臨時代表者会議を終え、会見する(左から)パ・リーグ横田昭作理事長、オリックス・湊通夫球団社長、NPB・斉藤惇コミッショナー、読売ジャイアンツ・今村司球団社長、セ・リーグ三原一晃理事長=東京都港区(撮影・塩浦孝明)
  • プロ野球・今季当初予定されていた主な日程
  • 第2回新型コロナウイルス対策連絡会議の出席者