2020.3.10 17:44

巨人・ビエイラ、来日最速の161キロ

巨人・ビエイラ、来日最速の161キロ

7回 巨人・ビエイラ=福岡PayPayドーム (撮影・中井誠)

7回 巨人・ビエイラ=福岡PayPayドーム (撮影・中井誠)【拡大】

 最速167キロ右腕の新外国人、チアゴ・ビエイラ投手(27)=前ホワイトソックス=が10日、ソフトバンクとのオープン戦(ペイペイドーム)で来日最速の161キロをマークした。

 七回に3番手として登場すると、高谷、周東、佐藤を3者連続三振に斬って1回無失点。カウント2-2から佐藤への5球目はボールで外れたが、これが161キロだった。

 今季のこれまでの最速は159キロで、この日は160キロも4度計測。ペイペイドームの球速表示はスピードガンではなくトラックマンのデータを利用しているためやや速くなる傾向があるとされるが、この時期では異例の160キロ台連発となった。

 ビエイラは「少しずつ精度、スピードは上がっている。いい道を行っている」。原監督は「回を追うごとによくなっている」と拍手を送った。

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ